デザインのキレイな部屋

桐たんすの特徴

洋服を保存することで知られているのがたんすやクローゼットなどです。
日本のたんすは密閉性に優れていて、使用されている木材によっては防虫効果などがあるので昔は良く利用されていました。
桐はとくに優れた効果を持っています。とくに着物などの絹を使用した高価なものを湿気などから守るために桐を使用したたんすで保存していました。
他にも様々な優れた特性があることから、日本では昔から桐を使用したたんすなどが親しまれてきました。
最近では使用している家庭も少なくなってきましたが、優れた特性をもつことからまた注目を集めるようになってきています。
修理などもしっかりと行なえばまた優れた効果を発揮してくれるようになるので、使い勝手も良いたんすとなります。
そのことを考えてからたんすの修理を依頼することが重要になってきます。

桐は表面が粗いので、吸湿性に優れています。そのため、衣服などを湿気から守ってくれます。
他にもパウロニンやセサミンなどの成分が桐の木材には含まれているので、衣服に付着するノミやダニなどの虫を付きにくくするような抗菌効果などにも優れています。
多孔質などの性質から、保温効果もあり、激しい温度差をうまないので、衣服にダメージを与えることも少なくなっています。
さらに一般的な木材の着火点によりも高く、発火点も高いので桐は木材の中でも燃えにくいという性質を持っています。
内部への熱の断熱性にも優れているため、表面の木材が燃えて真っ黒になってしまっても内部は燃えていないというようなこともあります。
そのため、家事になってしまった場合も衣服が残る可能性もあります。
桐の木は軽くて軟らかいので、腐りやすくて脆いという印象を与えてしまいますが、桐を使用したたんすは腐りにくくて丈夫な木材なのです。腐りにくいのは桐の木の持つタンニンの防腐効果によるためです。
腐りにくい特性から、桐のたんすは長期間の使用が出来るようになっています。
最近ではリサイクルに優れている素材のため、環境にも優しく修理などもしやすいのが特徴です。
修理して使用する場合は素人では難しいので、しっかりと修理を行なってくれる修理業者にお願いした方がいいとされています。

桐たんすを修理しなければならない場合は、修理業者に依頼しましょう。
かなり昔に古くなって使用しなくなった桐たんすでも生まれ変わらせることが可能となっています。
そのため、修理して使用することを考える場合は自分で修理しようとするのではなく、修理業者にしっかりと修理を依頼しましょう。
自分で無理な修理を行なうよりも修理を行なうプロに依頼すれば、以前よりも美しい仕上がりで帰ってきます。

修理の方法

近年では、桐たんすを利用する家庭も少なくなりましたが、使用して古びてしまった桐たんすも修理をすれば使用することが出来るようになります。修理を専門としている業者によって修理前よりも素敵に生まれ変わらせることも可能です。

桐たんすの使用方法

着物などの虫に食われそうな素材の保存に優れた桐たんすは、近年は着物などを着用する方が少なくなり、虫に食われやすいような天然素材を使用した衣服を保管すると良いでしょう。修理することで使用し続けることも可能です。

腐食しないからこそ

腐食しにくいからこそ、長い間使用することが出来るようになっています。古い桐たんすでも修理をすればかなり使い勝手の良いたんすとして使用することが出来ます。これは腐食しない桐の特徴を最大限に活かすことが出来ます。

修理料金

桐たんすを修理する際の料金はけして気がるに出来るような値段ではありません。しかし、特性ゆえに長持ちすることからかなり使い勝手が良いので修理の金額によっては家に眠っているたんすを使用することも出来るようになります。