腐食しないからこそ

一般的に木は腐食しやすい素材として知られています。
鉄やプラスチックなどは腐食しませんが、木は保存する環境によっては腐食しやすくなってしまうので使いづらい素材だと考えてしまう方も多いです。
しかし、桐の特性をしっかりと理解していれば、腐食しにくいという事がすぐにわかります。
桐には腐食を防ぐタンニンが含まれているので、腐りにくく使用しやすいのです。
桐たんすの手入れを正しく行えば、何十年と綺麗なまま使用する事が出来ます。
もし壊れてしまっても修理を行なえばま他使用することが出来るようになっています。
修理しても同じように使用できるのは、桐の腐りにくいという性質のためです。
桐たんすは、修理や洗浄を行なうだけでまた使用する事が出来るという事を覚えておきましょう。

たんすは長期間使用できる事が出来るからこそ多くの方に利用されています。
今までは、使い勝手が悪いと思っていた桐たんすですが、近年ではまた注目されるようになってきているのです。
桐たんすは、丈夫なので、破損したりする事が少ないです。
一般的な木材を使用している場合は壊れたりしてしまった場合は修理するよりも新しいものを購入した方が良いと言われてしまいますが、桐たんすは新しいものを購入するよりも修理した方が確実に安いので修理した方が良いとされています。
これは、木の腐食しやすさが関係しているのです。
一般的なたんすに使用される木材は、桐よりも腐りやすくなっています。木は腐食してしまったらその部分はもう使用する事が出来ないので板の交代を行わなくてはいけないのでとても面倒です。しかし、腐食しにくい桐の場合は修理する際に素材を交換しないでも良い場合が高くなり修理にかかる費用を抑えられるのです。